JCP議員リレーブログ

埼玉県北部地区の日本共産党議員・予定候補のリレーブログです

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006年03月27日(月)

町民アンケートに示された現実 [桜井 正上里町議]

画像(180x135)・拡大画像(597x448)

神保原地区の住民から、「生活に困窮しているのに役場に行ってもちっとも相談にのってくれず、生活保護が受けられない」と電話がありました。70代の女性からのもので「年金もなく、娘も病弱で働けず、家財道具を売って生活してきたが売るものもなくなり、娘と死のうよと相談している」というものでした。

日本共産党が昨年から行ってきた町民アンケートの回答168通には、格差社会のひどさがクッキリと浮かび上がってきました。それにしても、今、手をさしのばさなければ“死を選ばざるを得ないとは”!

役場に同行して、解決をはかります。

Posted at 00時00分   パーマリンク

介護保険制度の改定でサービス切捨てが! [沓沢 幸子前上里町議]

画像(180x135)・拡大画像(597x448)

今日、相談があった方は、心配をしていた介護保険制度の変更によって、今まで利用していたヘルパーサービスが、使えなくなるというものでした。

上里町では介護保険導入時に、今までサービスを受けていた方たちが対象から外され、サービス低下にならないように求める中で、福祉事業として、日常生活に支障のある独居老人等に対してヘルパーサービスと通所事業(デイサービス)の継続が行われてきました。

しかし、介護保険制度の改定によって、4月からは要支援の認定者であっても「新予防給付」の対象になり、「介護給付」から外されることになった為に、認定がされない前の福祉事業であったこのサービスは原則廃止されようとしているようです。

町から3月いっぱいで使えなくなる旨の通知がきて、色々考えると心配で具合が悪くなってしまうと訴えられました。今回の改定の狙いは、やはりサービスを減らすことで、こうした形で影響が出てきています。

高齢者が元気に暮らすためには身体介護以外にも、家事援助のヘルパー派遣は必要な事業です。

Posted at 00時00分   パーマリンク

2006年03月25日(土)

忍保の側溝にはフタがない!30年前の約束はどうなっているの? [桜井 正上里町議]

画像(180x135)・拡大画像(597x448)

神保原地区忍保の町道

上里町神保原地区忍保の町道には、側溝はあるもののフタがありません。地元の人の話では、「30年前町営の忍保グランドを作るときに用地を町に貸す条件として側溝にフタをする約束だったのにいまだにその約束が実行されていない」とのことで驚かされました。

25日(土)現地を見て区長さんや関係者と懇談し、さっそく町に要望する約束をしました。

Posted at 00時00分   パーマリンク

2006年03月23日(木)

金窪城址公園を、水辺公園として地域の憩い場に [桜井 正上里町議]

画像(180x135)・拡大画像(597x448)

金窪城址公園入口

上里町金久保・内出にある金窪城址公園は、10年前にできました。

金窪城は、織田信長が明智光秀に打たれた時に家臣だった滝川一益があだ討ちにかけつけようとしたので、それを阻止しようとした北条軍と戦いになった神流川合戦場です。

内出の奥の金窪城跡地にあることから、地域の人達しか利用せずさびしくひっそりしています。桜の木や子どもたちの遊び場もあるので、良い所です。

画像(180x135)・拡大画像(577x433)

忍保川

そばを流れる忍保川もきれいなので、この川を利用して子どもたちが遊べる水辺公園にすればもっとよくなると思います。魚を放流して黛神社なども含めたこの地域全体を公園にすれば、すばらしい自然公園となることでしょう。

Posted at 00時00分   パーマリンク

卒業式で「国歌斉唱」を子ども達が歌うようになり、複雑 [沓沢 幸子前上里町議]

今日、22日は小学校の卒業式でした。今年度の神保原小学校の卒業生は1クラス26人と27人の2クラスです。ここ数年児童数が減少してきていて、少人数学級になっています。そのためか、とても落ち着いた雰囲気でした。しかし、今年度は一段と「国歌斉唱」を大きな声で子ども達が歌っていて、考えさせられました。教育の場の変化を感じ、複雑です。上里町では、今年度の予算で小学3年生までは38人を超えた場合に補助教員が配置されることになりました。

これは、昨年度に続いて、今年度の12月議会に、「38人以上の学級に補助教員を補うことを求める」請願を共産党が紹介議員になって提出し、賛成は13人(共産党の私、くつざわ幸子と桜井正、他に、花形、内山、伊藤博、伊藤裕、高橋、田村、関本、荒井、新井、納谷、斉藤)反対は6人で、採択されていました。(1年前の請願では全員一致で採択)

諦めないで請願を上げていた先生や保護者の成果だと思います。共産党は予算の組み換えなどでも要望していたものです。

Posted at 00時00分   パーマリンク

2006年03月21日(火)

住民の暮らしが大変になっている、税制改正の実態 [沓沢 幸子前上里町議]

昨日の朝、七本木の住民の方から電話を頂きました。「福祉を頑張ってくれると書いてあったので応援します」と言っていただきました。

3月議会が17日に終わり、上里町支部で取り組んできた『住民アンケート』に寄せられてきたご意見を、あらためて読んでいる最中です。住民の暮らしが大変な状況が伝わってくるものが目立ちます。上里町の2006年度一般会計予算は64億9950万円で、前年度より1億750万円減額の予算ですが、町民税の個人分は8822万5千円の増額を予定しています。

質疑で解ったことですが、その内の6900万円はなんと小泉改革による、定率減税の2分の1廃止や老齢者控除の廃止などによる、税制の改定によるものです。町民の所得は増えないのに、負担増による税収の伸びと言うわけです。これでは暮らしがたいへんになるわけです。

Posted at 00時00分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ごちそうさまでした

ごちそうさまでした

「パンフレット 見たよ」

「パンフレット 見たよ」

『契約社員』

『契約社員』

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

[ JCP埼玉北部 ]

[ 議員ブログ案内 ]

[ 議員リレーブログ・終了 ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006-2008 日本共産党埼玉北部地区委員会 All rights reserved.