JCP埼玉北部ブログ

埼玉県北部地域の日本共産党の活動と地域情報を紹介します

2008年04月09日(水)

農業再生プランでJAちちぶと懇談─党北部地区委員会と秩父市議団─ [催し・活動]

 日本共産党埼玉北部地区委員会と秩父市議団(出浦章恵団長)は4月9日、「日本共産党の農業再生プラン」(08年3月7日発表)で、ちちぶ農業協同組合を訪ね、中嶋政晴代表理事組合長、浅見弘理事と懇談しました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

JAちちぶと懇談

 JAちちぶ組合長の中嶋政晴氏は、「農業の重要性をひしひしと感じる。何をなすべきか、農家が困った時に助けになるJAでありたい」と話を切り出し、「農業問題が広く政治問題化している。昨日も東京でJA全中がWTO全国集会を700名集めて開き、7月の洞爺湖サミットG8に食料安全保障を議題としたいとの挨拶があった」と一時間を越える懇談に快く応じてくれました。

 今井安治地区副委員長から「日本共産党の農業再生プラン」の四つの提言を説明したのに応えて、組合長から食の安全へのとりくみが報告されました。JA直売所の野菜結束シールには土づくりから使用した肥料と農薬など生産履歴がバーコード入力されていて野菜を購入した消費者がパソコンで読み取れるようになっていること、生産者が栽培野菜への適用農薬をタッチパネル式の画面で知ることができるよう埼玉県の補助金も得てシステムを構築したと食の安全に力を入れていると説明を受けました。

 また、組合長から農畜産物の輸入自由化問題ではオーストラリアとのFTA・EPA交渉が日本の食料自給率が下がらないようバランスを考えて貰いたいとのこと、コメ減反の困難性と減反に使う予算のムダについて言及があった後、深刻な中山間地農業の鳥獣被害について意見交換しました。

 農協理事の浅見弘氏から電柵の有効性についてアドバイスがあり、新井康一議員から各地視察での鳥獣被害対策事例が報告されました。

 以上の懇談で「今、農業問題解決に政治の力が必要」との組合長に応え、出浦章恵市議、斎藤かつしげ市議、立石昌義埼玉農民連会長も秩父一市四町の農業再生について提案を行うなど有意義な意見交換が行われました。

参照サイト:ちちぶ農業協同組合Webサイト


Posted by ohno at 21時15分  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

トラックバック

※ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。

※送信元の記事内容が半角英数(1バイト文字)のみのトラックバックは受け付けておりません。記事本文にこのページのリンク(URL)が入っていない場合にはトラックバックを受け付けておりません。ご了承ください。

トラックバックURL

http://www.jcp-saitamahokubu.jp/blog/tb.php?ID=376

コメント

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


Web JCP埼玉北部を検索

国会議員・国政候補

タグリスト

フォトログ

【動画】4/10 日本の前途を語り合う交流集会ハイライトビデオ

【動画】4/10 日本の前途を語り合う交流集会ハイライトビデオ

【動画】消費税増税中止の共同をよびかけ

【動画】消費税増税中止の共同をよびかけ

第53回地区党会議への代議員の感想の紹介

第53回地区党会議への代議員の感想の紹介

サブメニュー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2016 日本共産党埼玉北部地区委員会 All rights reserved.